私たちの想い

私たちが提唱している「ホスピス社会」とは、
私たちひとりひとりが本来の自分らしくいられる場であり
そして、そのひとりひとりが認められ、必要とされ、
個人の資質が生かされる社会であると考えます。

活動内容

「市民の力でホスピス社会をめざしましょう!」という主旨で
いろいろな集い、カウンセリング講座などを開催しています。

市民ホスピス・福岡の歩み

1991年、医療者・市民らが数人集まり、基盤となる「福岡・生と死を考える会」を発足。
2000年に実践に取り組む市民グループとして「市民ホスピス・福岡」へ移行し、
2011年にはNPO(特定非営利活動)法人の資格を取得。現在に至るまで活動しています。

がんを語る集い

あなたは、どういう状況なら、自分の悲しさを語れますか?
そういわれるとわからないけど、自分が、
自分の悲しさや感情を語った時のことを思い浮かべてみるといい。
どんなときに、悲しいことや感情を語っただろうか。